香りの世界へようこそ  -K Naturalのブログ- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sunshine


オリジナルブレンドオイル「Sunshine」

この度、新しいブレンドオイルを作成いたしました。

スイートオレンジ、ローズマリー、パルマローザ、シダーウッドをブレンド。

夏にぴったりのはじける太陽、明るく、元気なイメージです。

夏の芳香浴にぴったりです。

どなた様にも好かれるブレンドなので、お客様をお迎えする時に使用すれば、おしゃべりもはずみます。

ドロッパー付き

5mL 1,900円 (送料は別途お願いします)

お申込みはこちらから(リンクできます




スポンサーサイト
Grace


私のアロマブランド、K Naturalのオリジナルブレンドをご紹介します。

Graceというブレンドオイルです

ベルガモット、ローズウッド、ゼラニウム、ローズマリー、プチグレンをブレンド

上品でクラシカルな香り

元々は名古屋のブライダルドレスショップ「Brille」さんがお客様をお迎えするウェルカムアロマとして作成したものです。

BrilleさんのHPはこちらから

私もドレスを作成していただき、とても素晴らしいドレスに、大感激でした。


ドロッパー付きの遮光瓶に入れてお届けします。

アロマライトやアロマディフューザーで芳香をお楽しみください。

女性らしい華やかさ、そして優雅な気分に、一日の最後に是非ご活用ください。


5mL 2,000円 (送料は別途お願いします)

お申込みはHPから(リンク



hermesperfume-20110819_001-thumb-400xauto-396123.jpg


エルメスの庭園シリーズ、ご存知でしょうか?

地中海の庭、ナイルの庭、モンスーンの庭、屋根の上の庭、に続く今年は「李氏の庭」

「李氏の庭」は、エルメスの専属調香師ジャン=クロード・エレナがその年のテーマに沿って

様々な庭を巡り発表される「庭園のフレグランス」シリーズの5作目。

ジャン=クロード・エレナは訪れた中国の庭で池の匂い、ジャスミンの香り、

湿った小石の匂い、スモモや金柑の木、巨大な竹林の香りといった情景や

趣の記憶を辿り「李氏の庭」を調香した。

とのことです。

私は、ナイルの庭と屋根の上の庭が好みですが、皆様はいかがですか?


セドラ


セドラという果物をご存知でしょうか?

南仏・コルシカ島のフルーツで、レモンの原種とも言われるセドラ。

セドラは、レモンの5~6倍もの大きさがあり、ゴツゴツとした無骨な見た目で、

フレッシュでほのかにウッディに香る厚みのある皮が特長です。

今年はセドラがブームになる兆しがあり、

新間先生のブログでも紹介されています。(リンクはこちら

ロクシタンから、メンズラインのフレグランスシリーズが6月に発売になりました。

ロクシタン

香りは落ち着いたシトラスで、日本でも人気が出そうです。

今年はしばらくセドラに注目ですね。







レモングラス

イネ科の植物ですが、柑橘系の香りがするので、男性には特に好評な香り。

ハーブティーだったり、エスニック料理などに活用されていますよね。

実際、レモングラスの香りを手に取る方は多いのですが、

以外と強い香りに驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も、実はブレンドに使いたくても、何をブレンドしてもレモングラスの香りが主張してしまって・・・

という経験を多数しており、非常に難しい香りだと思っています。

プーケットのとあるホテルに宿泊した時に、部屋、バスルームの中にレモングラスのオイルが置かれており、

ランプで温めて香らせることができて、感心したことを覚えております。

そこで、私の特別ブレンド、リゾートに行かなくてもリゾート気分が味わえます。

イランイラン 2滴

サンダルウッド 2滴

レモングラス 1滴

是非お手持ちのディフューザーに滴下してみてください。

梅雨時のジメジメした気分も一掃して、すっかり青い空、青い海、目の前に広がってきますよ。

また、レモンの代わりに、レモンの半分量を目安に使うと強めのシトラスブレンドになりますよ。


レモングラス


好きな香りは誰しもお持ちですよね。

おそらく苦手な香りもはっきり分かっている方も多いのではないでしょうか?

私、一応香りを職業にしておりますが、苦手な香りがあります。

それは、アンバーの香り。

名香と名高いあの香りも(名前は伏せておきます)、私にはどうしてもオジサマのポマードに

なってしまうのです。(とほほ)

理由は大学時代に指導していただいた他研究室の先生のポマードを思い出してしまうから。

記憶と香り、結びついているとは言え、良くない事例です。

記憶と、香り エピソードはまだまだあるので、また今度ご紹介します。



梅雨の時や暑い夏、どうしてもお部屋を爽やかになりたい場合、やはりペパーミントが大活躍です。

今お使いの精油がありましたら、ディフューザーにペパーミントを1滴追加で垂らすと、

早速夏向けの香りになります。

ファン式のディフューザーなら、素早く部屋全体に広がりますよ。



K Natural (Kiyo Saito)

Author:K Natural (Kiyo Saito)
アロマ空間デザイナー、
アロマ調香通信講座講師を行っています。
お申込みはHPからどうぞ
ブログでは、香りについてのお話しをつづります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。